×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




マッシュルーム老人 マッシュルーム老人 マッシュルーム老人



アルツハイマー型認知症の二つの型

近年、老人人口の増加と共に、アルツハイマー型認知症をはじめとする、老人性認知症が社会的な問題になり、その症状や原因について関心が高まりつつあります。
世界中の23の研究に基づいた分析結果によると、アルツハイマー型認知症の年間発症率は、90歳まで指数関数的に増加するといわれています。
たとえば、マサチューセッツ州ボストン東部での調査では、年間発症率は、以下のようになっています:

●0.6%(65〜69歳)
●1.0%(70〜74歳)
●2.0%(75〜79歳)
●3.3%(80〜84歳)
●8.4%(85歳〜)

実際、アルツハイマー型認知症という場合、次のふたつのタイプがあります:

家族性アルツハイマー病

これは、アルツハイマー型認知症の中でもごく少数を占めるにすぎません。
常染色体優性のメンデル型の遺伝パターンを示すもので、30〜60歳代で発症します。
家族性アルツハイマー病は、常染色体優性遺伝です。つまり片方の親が家族性アルツハイマー病であると、その子供は性別に関係なく2分の1の確率でこの病気を発症する可能性があるというものです。

アルツハイマー型老年認知症

これは、アルツハイマー型認知症の中でほとんどを占めるものです。
老年期、すなわち、通常60歳以上で発症するのが特徴です。

大部分のアルツハイマー型認知症、つまり老年認知症の場合でも、遺伝的要因は少し影響するといわれています。
親族にアルツハイマー型認知症の患者さんがいらっしゃる場合、多少発症の危険性が上昇すると言われているのです。
特に50〜54才にアルツハイマー型認知症を発症した親族がいらっしゃる場合、この病気を早期に発症する危険は約20倍に上るというデータもあります。



Copyright (C) マッシュルーム老人. All Rights Reserved.