×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




マッシュルーム老人 マッシュルーム老人 マッシュルーム老人



認知症研究

厚生省の調査によると、現在、日本には認知症の症状をもつ老人が全体で100万人いると推定されます。
そのうち75万人が自宅で介護を受けています。
また、老人病院、特別養護朗印ホーム、精神病院などの施設にいるのは、25万人です。
このように自宅で介護を受けている認知症老人がほとんどであるのが実情なのです。

今後、この傾向はどうなるかというと、本格的な高齢化社会の到来にともなって、認知症老人の数は、2015人には265万人になると推測されます。
そして在宅での認知症老人だけでも180万人に達すると予想されます。
急激な増加が予想されるだけに、認知症の原因の解明や、治療方法の確立が一日も早く望まれます。

日本において、老人の認知症の約4分の3は脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症が占めます。
残りは一部の変性性疾患、感染症、内分泌代謝疾患、頭部外傷などによるものです。
認知症のなかには、内科的治療や脳外科手術で治るものも一部にあります。
しかし原因が不明であるアルツハイマー型認知症や脳血管性認知症の場合、治療は困難です。

ただ、最近の研究から、アルツハイマー型認知症の原因に遺伝子の異常が関係していることが明らかにされました・アルツハイマー型認知症患者の脳に沈着する異常な色素たんぱくが、21番目の染色体のうえにあることがわかったのです。
なんらかのきっかけでこの遺伝子が作動し始めることが充分に考えられます。

認知症の原因はさまざまな角度から追究されています。
原因が解明され、有効な薬が開発されるのもそれほど遠い未来ではないでしょう。

薬の開発

アルツハイマー型認知症の場合、原因が解明されていないことから、その症状を改善することは困難です。
しかし、数年前から脳の循環や代謝を改善する薬が多数開発され、多くの患者さん方に対して使われるようになってきました。これらの薬は確実な成果をあげつつあります。
しかし、認知症の中核症状である知能の低下に対して薬は作用するわけではなく、認知症にともなう譫妄や暴力といった精神症状および行動異常に対して効果的に作用するにすぎません。
これらは周辺症状といいます。

認知症にともなう知能低下を改善する薬は、現在のところ開発されていません。
知能低下に対する治療には、脳の神経細胞の再生を促進し、失われた脳の機能を蘇らせる薬を使用することが必要です。
または神経と神経の間の情報連絡を活発にして、脳の働きを活性化するような薬が必要なのです。

最近期待が寄せられている研究は、神経細胞が分裂、増殖するのに必要な因子に関するものです。
これを神経成長因子といいます。これが認知症の治療に有効ではないかと考えられるのです。
脳の細胞は本来、増殖することはありません。一度死滅すると、二度と再生できないと考えられています。
しかしダメージを受けてはいるもののまだ死滅するにはいたっていない神経細胞が回復するのに神経成長因子が有効ではないかと考えられるのです。
この研究は、まだ動物実験段階ですが、改善効果があったという報告があります。



Copyright (C) マッシュルーム老人. All Rights Reserved.