×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




マッシュルーム老人 マッシュルーム老人 マッシュルーム老人



老人期の認知症

老人期の認知症として問題になるのは、次の4つです:

●アルツハイマー型認知症
●クロイツフェルト・ヤコブ病
●ピック病
●コルサコフ症候群

一般的なのは、アルツハイマー型認知症とコルサコフ症候群ですが、クロイツフェルト・ヤコブ病、ピック病も問題であることに変わりありません。

クロイツフェルト・ヤコブ病

多くは50歳代に発病し、いろいろな精神症状を示しながら急速に認知症化します。
遅発性ウィルス感染症とか、プリオンという新しい病原体によるとする説が強く、感染症の一種と考えられています。プリオンというのは、細菌からヒトも含めて、細胞がつくるたんぱくが変異したものです。
クイスフェルト・ヤコブ病の原因は、長い間不明でしたが、最近、プリオンと呼ばれる、ウィルスよりも小さな病原たんぱくが原因であることがわかったのです。
クロイツフェルト・ヤコブ病では、大脳や小脳に特徴的な海綿状態がみられ、1,2年で死にいたります。

ピック病

大きな人格の変化が特徴です。
それまで穏やかだった人が、家庭や勤め先で無分別な行動を起こしたり、他人に迷惑をかけることが平気になったりして周囲の人たちを驚かせます。また、注意力が散漫になり、他人の質問に真剣に答えようとしなくなったり、物事を覚えようとする意欲がなくなることから、表面的に記憶力が低下したように見えます。
しかし、記憶力と見当識はほとんどおかされていません。ピック病には、側頭葉の萎縮、脳室の拡大など、脳に特有の異常が見られるので、独立した遺伝が関係する病気と考えられることも多いようです。



Copyright (C) マッシュルーム老人. All Rights Reserved.