×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




マッシュルーム老人 マッシュルーム老人 マッシュルーム老人



認知症の治療

アルツハイマー型認知症をはじめとする認知症の中核症状は、知的機能の障害です。
知的機能障害を改善させることは困難であるのが実状です。
しかし、脳の老化が少しでも遅くなることを期待して、脳代謝改善薬を長期的に投与する治療法がとられます。
また、これに併用して脳循環改善薬や抗血小板薬を用い、脳血管障害がこれ以上すすまないようにします。

また、認知症には知的機能障害以外にも、意欲減退やうつ状態、行動異常などの認知症に伴っておこる症状があります。
これらの症状を改善するために、抗うつ薬、抗不安薬、向精神薬を用いることもあります。

人間らしい生き方

アルツハイマー型認知症をはじめとする認知症の知的機能を改善することはできなくても、副次的な症状の一部を改善することで、人間らしい生き方ができるようになります。
これはご本人だけでなく、ご家族の方々にとっても必要なことであり、意義のあることです。

アルツハイマー型認知症は、いつ始まったのかわからないままに発症し、徐々に進行していきます。
一方、脳血管性認知症は、アルツハイマー型に比べると急速に発症するのが特徴です。
特に脳出血や脳梗塞などの、脳血管障害の発作をきっかけとして症状が現れることが多いように思われます。

アルツハイマー型も脳血管性認知症の場合も、進行性です。したがって早期発見につとめ、進行を防止することが重要な課題となります。
そのためにはご家族の方々をはじめ、周囲の協力が非常に大切になります。



Copyright (C) マッシュルーム老人. All Rights Reserved.