×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




マッシュルーム老人 マッシュルーム老人 マッシュルーム老人



解剖学的症状と診断

アルツハイマー型認知症の場合、物忘れや身体的症状のほかにも解剖学的な症状が現れます。

アルツハイマー型認知症の場合、解剖学的にみた症状としては、脳の萎縮があります。
正常な老人の約10パーセントの減少がみられ、特に前頭、側頭、頭頂葉の減少が著しいのが特徴です。
また、脳室の拡大、神経細胞の脱落と萎縮、アルツハイマー神経原線維の変化、老人斑などがみられます。

アルツハイマー型認知症の診断は、まず面接である程度の認知症程度は診断されます。
しかし、いろいろな評価尺度を用いることで、よりくわしく認知症の有無や程度を診断します。
人間は、現在いる場所、時間などに対して、周囲の状況と関連して正しく理解することができるのが普通です。
これは注意、知覚、了解、判断、記憶などが総合された複雑な認識作用であり、認知機能と呼ばれています。
自分が今置かれている場所や時間、環境を把握することを見当識といい、脳の損傷などが起きると、これらの認識能力が失われることがあります。

アルツハイマー型認知症の診断に用いられるテストの項目は、主に認知機能を中心とします。
そのほかに行動面や人格面の評価などを含むことが多いですが、それぞれの評価尺度によって異なります。
よく使われるものは長谷川式簡易知的評価スケールです。
その他、脳血管性の老人認知症と区別するために、いろいろな身体的検査が行われることもありますが、臨床的にははっきりとした診断根拠とはならないことが多いのも事実です。



Copyright (C) マッシュルーム老人. All Rights Reserved.